ITENI -医学テニス同好会-


Welcome to IGAKU TENNIS CLUB BLOG

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

去りゆくあなたへ―卒業―

こんにちは。月末の引越しの荷造りに追われているこばやんです。
もうすぐつくばも3年目。早いものです。

去る3月25日には大学の卒業式が挙行され、医テニからもめぐさん、あきさん、あさみさん、あやこさん、角野先輩、広平先輩、田之上先輩、鈴木先輩、横橋先輩ほか、たくさんの先輩方が晴れて卒業されました。先輩方にはたいへんお世話になりました。あらためて、ご卒業おめでとうございます。

じつは、今回僕は初めて卒業式の見送りというものに参加しました。自分のほかには小澤先輩、阿部先輩、ゆーいち先輩、のすけ先輩、ゆきほちゃん、ななちゃん、そして後から大介先輩と鶴吉も駆けつけ、卒業生を送りだしました。人生の門出に立ち会えた幸運な人たちです。

式はあいにくの雨天でしたが、大学会館はそれをものともしない在学生たちの熱気につつまれていました。たくさんのサークルや部活の関係者が集い、式を終えたばかりの卒業生を祝福するため、今か今かと出待ちしているのはなんとも幸福な時間でありました。願わくは、慕われる先輩となって後輩たちから卒業を見送られたいものです。

さて、卒業生の先輩方はふだんよりも一段と大人に見えました。男性陣がスーツで凛々しく決めてきた一方、女性陣の雅な袴姿は門出にふさわしく、とても晴れ晴れとしたものでした。めぐさんの桃色、あきさんの山吹色、あさみさんの空色、あやこさんの江戸紫。袴の色もそれぞれ異なっているあたり、あらためて個性豊かな先輩たちだったなと感じました。とても、とても綺麗でした。

卒業式1  卒業式2

在学生を代表してゆきほちゃんから一輪差しのバラと色紙の贈呈がありました。色紙は、時間をかけてみんなで回し書きしたものです。あのとき見た先輩たちの笑顔を、僕はきっと忘れません。あれは4年間すごした先輩たちでなければできない顔です。

当日の流れとしてはその後、百香亭での昼食をはさんで鈴木先輩と横橋先輩を訪ねて三学へ移動しました。ここにそのときの写真を載せておきます。

卒業式(撮影者=阿部氏)

何度でも言わせてもらいますが、それでも足りないくらい、先輩方には本当にお世話になりました。とくに自分が1年生の時にめぐさんが部長だった学年ということで、僕にとっては特別でした。つくばを離れても、くれぐれもお体だけには気をつけて。ご活躍をお祈りしてます。こちらに来られるときはきっと遊びに来てくださいね!
そして大学院に残られる先輩、もう二年ほどお付き合いください。よろしくお願いします!

卒業生の門出をお祝いして
(文責 こばやん)
スポンサーサイト

4年間の集大成(リベンジ)

 寒空の中、卒業式に来てくれた皆様方、ありがとうございました。無事、2人共卒業できましたよ。

さて、卒業式は終えたが、3/31までは学類生。今日こそ、大学生生活最後のテニス。

気合を入れて、練習開始時間の1時間……後の15時にコート着。


まぁ、コートにはテニスの上手な方々しか居なかったけどな。

暦はすっかり春だってのに、きっちり冬型気圧配置の寒空に向かって、私は呟く。
「安西先生…。テニスがしたいです…」

とりあえず、メーリスを流す。待っている間、少しでも暖かな光を求め、真っ黒なアスファルトの上で呆ける。
一人、頭の中で妄想と思索を張り巡らし、さらなる高みを目指し踊り狂い、あまりに高く昇り過ぎ、そろそろ降りられなくなりそうになっても、待ち人は来ず。「そろそろ、幸せになりてぇ…。」誰にも聞こえない声で呟き、私は帰宅する。
小林くん、太陽の塔は大変興味深かったよ。私も大英博物館に自分を取りに行かねば。




 あぁ、なんて私的な日記(笑)。そーいや、医テニ美術部と活動日が被ってしまったようですね。六本木の夜はアーティスティックだったかい?


(文責 えりな)

Top

HOME

iteni

Author:iteni
医学テニス同好会のブログへようこそ。

日々の活動内容などが、週ごとに違うメンバーによって綴られます。

毎週、違った側面から描かれる医学テニス同好会の姿をお楽しみください。

さらに、ホームページ旧ブログもありますので、あわせてどうぞ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。